【茨城県守谷市】腰痛・肩こり・不妊のお悩みを鍼灸で解消!鍼灸は自律神経の乱れの改善にも効果的です。

顔面麻痺・顔面神経痛

顔面麻痺・顔面神経痛



このような症状5




顔面神経麻痺トップ




顔面麻痺になる原因は種々様々で一概にこれが原因というのは判明されていません。代表的な病名を挙げていきます。


ベル麻痺
ほとんどの顔面神経麻痺(約70%)は、この種類の麻痺になります。この麻痺の特徴としては急性に発症して、原因が不明です。窓をあけて夜に寝てしまうなど寒冷刺激による循環障害やストレスによる自律神経障害などが挙げられます。男女の差はなく、特定の季節もありません。最も鍼灸で治りやすい疾患といえます。

ラムゼイ・ハント症候群
帯状疱疹のウイルスが、何かの原因によって、顔面神経に付着して発症した状態です。耳の激しい痛み、水泡、聴神経が侵されると難聴になります。ベル麻痺に比べ難値性に顔面麻痺と言えるでしょう。


三叉神経痛
顔面を走行している三叉神経が何かの原因で痛みを発生するものをいいます。説としては神経と血管とかが触れる為に発生すると言われてておりますが、まだ完全に特定された訳ではありません。


上記の疾患は体力や免疫力が落ちたところで発生する事がよくありますので、しっかりと体力や免疫力をつけていくことが施術・予防に大切です。
 

顔面神経麻痺や顔面神経痛はスピード勝負!

発生から1カ月以上経過してしまうと、それだけ治療に要する期間も回数も増えてしまいます。その為、不幸にも症状が発生してしまった場合はただちに医療機関で治療を始めましょう。

暢寿堂では、当該部位の顔面だけでなく、まず五蔵を整える事で体力・免疫力を向上させて治癒に導きます。五蔵を整える事により顔面だけを施術するよりも良い改善率がみこめます。};

顔面麻痺や顔面神経痛はスピード勝負です。今すぐ当院にご相談ください!


オススメ施術コースは鍼灸【全身調整】、鍼灸【局所施術】です。


画像の説明

*五臓とは・・・東洋医学では五臓の状態がそれぞれが身体のすべてを状態を表していると考えます。

目、筋肉、爪・・・・・「肝」
髪の毛、耳、骨・・・「腎」
肌、口、唇・・・・・・・「脾」
皮膚、息、・・・・・・「肺」

単純な治療例ですと。
目の疲れ、筋肉の痛みなどは「肝」が支配していますので、「肝」の働きを正常な状態にすれば、目の疲れや筋肉の痛みなどが楽になっていきます。



画像の説明

*経絡とは・・・五臓に流れ込む「氣」の流れです。直接、五臓に鍼を刺すことができませんので、経絡をスムーズな流れにする事で五臓を調節します。



WEB予約BIG



はりきゅう治療院 暢寿堂のご案内

画像の説明



注意 


294号線からは直接お車で入る事はできません!!けやき台5丁目の交差点で曲がって国道294号線と平行に走っている裏道を約150m進んだ右手に暢寿堂がございます。
受付時間
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional